神田明神界隈神田明神界隈の風物詩や、個人的な趣味も交えて色々な情報をお届けしたいと思います。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
東京モダン亭 15:16
0



    江戸東京博物館内のレストラン。安くて美味しいです。
    | 食べログ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
    Comment








    いつもお世話になっております。詳しい解説をありがとうございます。「須田町食堂」洋食と言う響き好きです。現在の須田町食堂も普段着、しかもサンダルで気軽に行けるのがイイです。大正ロマンの時代は気分がなぜか癒されます。小生は今の時代の速さ付いて行けません!
    posted by 天野屋 店主 | 2006/10/08 11:26 PM |
    震災で世の中が変わった大正13年3月10日午後3時。須田町食堂は「簡易な洋食」のノレンを掲げて開店した。間口2間半奥行3間半、客席数25。スタッフは越後生まれの、血気さかんな店主、加藤清二郎以下8人。この日、6時間で78円68銭の売上げがあった。
    ささやかな出発であったが、「帝都」の中心に生まれた、この小さな大衆食堂は、たちまち市民の話題となった。当時、「西洋料理」といえば、庶民にとって高嶺の花。その洋食が、どこよりも安く3銭、5銭、8銭均一。須田町食堂へゆけば、気軽にハイカラなカツレツやライスカレ−が食べられるというわけである。
    『聚楽50年のあゆみ』(昭和49年12月発行より)
    posted by mond510 | 2006/10/08 8:32 AM |
    大正13年 (1924) 東京神田須田町に「簡易洋食」ののれんを掲げた 「須田町食堂」を創業。 洋食をリーズナブルに、また新しい外食スタイルを提案。翌14年には4店、昭和にはいってからは年間平均5店というハイペースでチェーンを広げる。一方、大学・デパート・官公庁などの給食事業も開拓。 昭和9年(1934)「株式会社 聚楽」 設立。 外食産業の確立を目指し、昭和10年代に89店のチェーン網を築く。しかし終戦時の残存店舗はわずか5店。

    ↑写真ありがとうございました。このディスプレーの背景のセピアな昭和画像に釘付けでした。聚楽サイトで上記沿革を見て、益々興味津々でございます。
    posted by 西平 | 2006/10/07 8:50 PM |
    「東京モダン亭」は中々良いですよ、モア風オムライス美味しかったです。なんか前より良い雰囲気に成り、メニューも増えたようです。小生のお気に入りスポットです。
    もしかしてUDXの「須田町食堂」の系列だったりして!「須田町食堂」は「聚楽」が経営している事は知っていましたが、詳細は知りません。写真が有るようなので是非調べて当時の写真を公開して下さい。
    posted by 天野屋 店主 | 2006/10/06 5:40 PM |
    江戸博は好きなスポットですが「東京モダン亭」は知らなかったです。今月末からのボストン美術館蔵「肉筆浮世絵展」をぜひ見たいと思っていますので立ち寄ってみようかと思います。

    ところで先日、活性化事業「万世橋ルネッサンス」にお邪魔した折にUDXビル3Fの「須田町食堂」なる店で食事をしたのですがレトロなデザインは「東京モダン亭」と似たコンセプトかも。屋号や雰囲気に興味を感じ店長と話をしたらびっくり。「須田町食堂」は、お茶の水「聚楽」の前身で大正13創業との事でした。時を見て少し調べてみたいと思いました。
    posted by 西平 | 2006/10/06 1:15 PM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://kaiwai.amanoya.jp/trackback/1641283
    << NEW | TOP | OLD>>