神田明神界隈神田明神界隈の風物詩や、個人的な趣味も交えて色々な情報をお届けしたいと思います。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
電話電報の看板 17:13
0

    一昔前は何処にでも有った看板です。まるで芸能人みたい「そう言えばこんな人が居たっけ?」気が付くといつの間にかに消えてしまった!って感じです。

    どっちの方が古いのでしょうか?
    | 明治 大正 昭和レトロ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
    Comment








    たばこ屋さんですか!大概たばこ屋さんには公衆電話が有りましたね。交換台と言う響き懐かしいです。母の田舎でも有線電話?「どこどこの誰さん電話が入ってますよ!」って絶えずスピーカーから流れていた記憶が有ります。携帯電話の普及で便利に成りましたが、逆に不便な部分も有りますよね(^◇^;)
    posted by 天野屋 店主 | 2007/05/25 3:28 PM |
    昔、家の前の角のタバコ屋さんが上の写真の看板をぶら下げていたような記憶あります。旅館を営業していた頃、お客さんは常に交換台を通じて地方に電話を掛けてました。電話を切ると直ちに電話局から通話料金を知らせてくれて、その場で実費精算するシステムでした。家の田舎なんか局番ナシで「長野県〜郡〜村の1234番お願いします。」なんて局を通して掛けてました。携帯電話が普及して当時からしたら夢のようですね。
    posted by 一路 | 2007/05/25 1:57 PM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://kaiwai.amanoya.jp/trackback/1641814
    << NEW | TOP | OLD>>