神田明神界隈神田明神界隈の風物詩や、個人的な趣味も交えて色々な情報をお届けしたいと思います。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
佐藤時計 里帰り 01:06
0

    不思議なご縁で、兎と亀の佐藤時計が佐藤時計の本家に里帰りしました。
    兎と亀が競争して、兎が負け、ションボリうなだれている所が凄く可愛い時計でした。振り子室が優勝カップのデザインになっているところに物語性があって好きな時計でしたが、本家に戻す事が時計にとっても幸せと思います。

    以下、佐藤時計の本家からのお話です。

    舘本時計と佐藤時計の関連ですが、舘本と佐藤は親戚関係です。創業者信太郎の長女が舘本に嫁いでおります。舘本は商家で工場は持たず、舘本名義の時計も佐藤時計が製造していました。佐藤時計の卸し先の1つが舘本で、最初は佐藤時計に舘本ラベルを貼って販売していたのですが後に舘本側からのデザイン提案を取り入れて製造していたそうです。

    なんとも可愛い兎さんです。

    勝ち誇った亀は文字盤枠を両方から支えています。
    | 古時計 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
    Comment








    keijiさま

    お久しぶりです。

    >古時計を検索してたら「oldclock.cpm」を発見して、ビックリです<

    いやぁ〜!!「0ldclock.com」は、本当に趣味の世界でして、
    マニア間の交流で始まったものです。
    フジヤ時計店さんのパノラマ画像、素晴らしいですね!!
    また、小生のブログでご紹介させて頂きます。
    古時計の復活は99%、生き返らせる事が可能です。

    先月もお母さんの形見だという時計を完全に蘇らせて喜んで頂けました。
    時計店で修理を断られた時計を蘇らせる事に喜びを感じています。
    posted by 店主 | 2008/07/28 11:35 PM |
    ご無沙汰しております。
    古時計を検索してたら天野屋さんの「oldclock.cpm」を発見して、ビックリです。古時計の復活、楽しみにしております。
    posted by keiji | 2008/07/28 10:05 PM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://kaiwai.amanoya.jp/trackback/1642182
    << NEW | TOP | OLD>>