神田明神界隈神田明神界隈の風物詩や、個人的な趣味も交えて色々な情報をお届けしたいと思います。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
三升漬の作り方 15:45
0

    9月の初めからこの時期に掛けて北海道で収穫される、なんばん(青唐辛子)を使って万能醤油
    三升漬を仕込みます。三升漬(なんばん1升、糀1升、醤油1升)合わせて三升になるからです。

    なんばんのへたを切り落とし、フードプロセッサーで粗めに刻みます。必ず手袋をする事をオススメします。
    激辛唐辛子はビニール手袋をしていても何故か手が熱くなります。素手で触ると火傷したようになって大変です。

    刻み終わったら、同量の生糀を投入します。

    同量のなんばんと糀を入れ終わったら、醤油を同量加えます。少しひたひたになる位が良いでしょう。
    醤油の分量はお好みで調整します。

    全て入ったら、このときも素手ではやらずにオタマや木べらで良くかき混ぜます。
    これで仕込みは終了です。後は冷暗所、日の当たらない所で時々かき混ぜて約1年寝かせます。
    北海道の人は3ヶ月位で食べ始めるようですが、1年位寝かせた方が辛みが糀の作用で落ち着き
    味も良いです。(3ヶ月目位から冷蔵庫で保管して寝かせます。)無添加の醤油を使っている為に
    カビが生えるからです。

    1年間寝かせた三升漬です。辛いですが病み付きに成るおいしさです。炊きたてのご飯に載せたり、冷や奴、ナベ料、鰹のタタキに付けたり、刺身全般、餃子のタレの代わりにしたり、チャーハンの隠し味等、
    簡単で美味しい発酵調味料が出来上がります。失敗はマズしないと思います。
    出来上がった三升漬は冷蔵庫で保存します。ビンのような蓋がピッタリと締まる容器は避けて下さい。
    絶えず発酵している為に爆発します。兎に角どんな食材にもベストマッチですのでお試しください。
    生糀はこちらで入手出来ます。
    | 天野屋 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://kaiwai.amanoya.jp/trackback/1642684
    << NEW | TOP | OLD>>