神田明神界隈神田明神界隈の風物詩や、個人的な趣味も交えて色々な情報をお届けしたいと思います。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
アメリカ ポーター社 ディスクオルゴールの製造工程 19:10
0

    アメリカ ポーター社のディスクオルゴール 15.5” バロックのデモ映像。
    ポーター社はアンティークオルゴールのレジーナを現代に蘇らせたオルゴールメーカーです。
    ディスクは手でパンチングして製造しているんですね!!
    販売曲数は600曲あまりあります。中には曲になっていないような音痴なディスクもあります。
    その中でもシューベールトのセレナーデ。。。 とにかくヒドイ!!!
    | オルゴール 古時計 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
    Comment








    私もビデオを見てポーター社が手作り的な作り方を
    しているんですね!! 驚きました。
    ポーターのディスクは編曲がハズレが多いです。
    音符をそのまま移してディスクを作るのはやめて欲しいです。
    今度実際に此処だけで音痴をアップしてみます。
    posted by 亀太郎 | 2012/01/25 10:22 PM |
    ビデオ見ました。かなりの部分が手作りなんですね。
    シューベールトのセレナーデは原曲がかなり無理?な移調するので、オルゴール用に編曲する時にそこが音痴に聞こえるのではないでしょうか?
    私もディスクは、本当にハズレが多いのにがっかりしています。
    今まで買ったポーターのディスクの半分は編曲が気にいらないし、
    中には、途中で旋律が無くなってしまったり(掻き消されて
    いるわけではありません。)最後まで音符が入りきらず途中で終わっているものまであります。
    おまけに、レジーナで多様されているトレモロ演奏などもあまり使われず、とりあえず音符をそのまま移してオルゴールで演奏できるだけのものが目立ちます。
    posted by harpmaster | 2012/01/24 2:50 PM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://kaiwai.amanoya.jp/trackback/1642757
    << NEW | TOP | OLD>>