神田明神界隈神田明神界隈の風物詩や、個人的な趣味も交えて色々な情報をお届けしたいと思います。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
トゥールビヨンの組み立て Tourbillon 複雑時計 17:56
0

    you tubeの動画は時計で最も高価な脱進機の組み立て映像です。ここまで細かくは無いけれど、この様な細かい作業が好きだったのに、現在は緑内障で左目の視野狭窄で腕時計の日付さえ見えない状態に成って仕舞った、右目はまだ大丈夫のようだが、緑内障が右目に飛んだら機関車の模型もオルゴールも、時計の趣味も諦めなくては成らない・・・・と言うか見えなくて何もやる気が無い。。兎に角見えない・・・進行を止める目薬しか今のところ治療方法が無いようだ。。困った。。。
    ついでに脱進機の種類を書き留めておきます。コーアクシャル脱進機 デテント脱進機 シリンダー脱進機 パージ脱進機 レバー脱進機 アンクル脱進機、近代の腕時計、懐中時計の機械式時計は殆どがアンクル脱進機、高級ブランドがトゥールビヨン脱進機で時計を発売しているが,とても高価で手に負え無い!! 数百万から億まで!!! 最もブレゲがトゥールビヨン脱進機を作り出した時代から高価だったが・・・・
    この機構は部品の点数が多い、各部品を極めて軽くかつ高精度に作らなければならない、微妙な調整が必要で組み立てに高度な技術を要求される、1本製作するのに長い時間がかかるなどの理由で、トゥールビヨンを搭載した機械式時計は非常に高額であった。そのため長らく最高級機械式時計の代名詞となっていた。
    しかしながら、2000年以降、生産技術の発展等により量産できるようになり、10万円未満で入手可能になるなどコストダウンが進む一方、高級モデルの中にはキャリッジを立体的に回転させるものが現れるなど、トゥールビヨンの多様化が進んでいる。(一部ウキペディアから引用)
    | オルゴール 古時計 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 亀太郎 - -
    Comment








    ペガサスさん

    こんにちは。
    ES細胞ですか!!
    早くその治療法が確立されると嬉しいです。
    視力がどんどん低下するのが解る今日この頃です。。
    参ったな〜。。。。
    posted by 亀太郎 | 2014/01/08 5:19 PM |
    亀太郎さん、こんばんは。

    眼鏡屋さんの検査で気づいたのですね。
    逆に気付かず発見が遅くなったら大変だと・・・。

    緑内障の治療で調べてみたら、ES細胞を使った治療があるみたいです。
    ただし現在はマウスのES細胞から網膜を作ることに成功しただけで
    ヒトの患者に移植する臨床研究はまだまだです。
    将来的には治療が可能になるのかもしれません。

    今はとにかく進行を遅める目薬でやっていくしかないですね。
    posted by ペガサス | 2013/12/08 12:51 AM |
    ペガサスさん
    おはようございます。緑内障に気づいたのは老眼鏡を幾つ作り替えても新聞が読みづらく、眼鏡屋で検眼した際に検眼での数値では見える筈の数値でも見えなく、眼鏡屋に白内障かも知れないので一度医者に診て貰った方が良いと言う事で病院に行きました。10月の下旬の事でした。。そこで左目に緑内障 が有ることを知らされました。ガックリです。。手術は出来ず、今の状態から進行を遅める目薬が唯一の治療です。パソコンの文字は、一番大きくして対応しています。目が見えないのでは今後、細かい事は出来ません。傷見を使って懐中時計の緩急針を調整するのが精一杯です。
    posted by 亀太郎 | 2013/12/07 7:35 AM |
    亀太郎さん、こんばんは。
    緑内障になったんですか!?かわいそうに・・・。
    いつ頃緑内障と気付いたのでしょうか?

    トゥールビヨンの組み立てすごいですね。
    ここまでの小さな作業は私には無理です。
    posted by ペガサス | 2013/12/07 12:08 AM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://kaiwai.amanoya.jp/trackback/1642995
    << NEW | TOP | OLD>>